オリジナルTシャツはどんな用途で注文されている?

オリジナルTシャツは法人個人問わず誰でも制作可能、そんなオリジナルTシャツ、どんな用途で製作されているか、またそれらに適したデザイン、素材などをあわせてご紹介いたします。

小ロットからOK!ハイクオリティーなオリジナルTシャツを作ろう!

オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツは様々な用途で大活躍!

オリジナルTシャツはさまざまな場面で利用されているもので、個人法人問わずオリジナルTシャツ製作業者に発注がきます。
まず法人で利用される場合、制服などに利用されていることが多く飲食店などで着用する動きやすく手入れのしやすいTシャツに企業ロゴのプリントなどは勿論、学校の教職員用のTシャツなど使われている場面は多数です。
Tシャツは大前提に誰でも着用しやすく、尚且つとても動きやすいというメリットがあります。
また素材にもよりますが着ていて快適なものが多く、特に体を動かすことが多い職種ではより効率的に仕事を行うのに適している服といえます。
そのためオリジナルTシャツが多用されており、男女問わず制服としてTシャツが採用されている、そんな場面も多くなっています。
Tシャツは襟のないシャツ全般なので、かしこまった服装としてはあまり向かないところはあるものの、クールビズなどに着目されている現在ではTシャツを制服としている、またTシャツ姿での出勤を可能としている企業も多いです。
ですが私服ではなく統一感を持たせたい、そんなときはオリジナルTシャツを制服として採用し、社内外問わず着用している社員の方も多いです。
もしTシャツではラフすぎるといった場合でも、オリジナルTシャツ製作会社ではTシャツもたくさんの形状、そしてTシャツ以外にもポロシャツなどを用意しているのでそちらで作るところもあります。
誰でも着用できて、尚且つストレスフリーに着用できる、ビジネスでも向いている機能性抜群さがTシャツにあるのでこれに着目し、企業用Tシャツを作っているところも増えています。
また低予算で社員全員分を賄いやすい、そんなメリットもあります。
大ロットで製作すると一枚当たりの単価が更に低くなるのでより経済的にTシャツの製作が可能、サイズ展開も広いのでさまざまなサイズを作ることができます。
商品として販売するTシャツを製作したり、また販促用Tシャツなどを製作したり、オリジナルTシャツはなにかと使い道が多いものなので、業種問わずオリジナルTシャツを製作している企業が多くなっています。
オリジナルTシャツはこうして企業など法人にもとても需要のあるものとなっていますが、それと同様に個人向けにも需要を伸ばしています。
クラスTシャツなどは勿論ですが、チームTシャツやサークルTシャツなどにもオリジナルTシャツは使われており、それに応えられるように業者側も小ロットでの生産も受け付けを行っています。
10枚から生産可能になっており、個人のようにあまり在庫を抱えられない、そんな場合でも丁度いい枚数で製作ができる上に、その10枚はサイズはバラバラでも問題ないものとなっているので、必要なメンバーの体のサイズにしっかり合わせたオリジナルTシャツを製作できます。
そして個人とはいえクオリティは企業向けとまったく変わらず、ツールさえあれば製作したデザインをそのままプリントでも可能、またTシャツもワンピースタイプ、スリムフィットタイプなど多様な形から選べるようになっているので、より自分達好みのオリジナルTシャツが製作可能です。
上の人間の一存などがなく、自分達でTシャツを作るという目的が多い個人用のオリジナルTシャツは自分たちのイメージを反映してこそ製作した甲斐があるものです。
そのためにも最新機器での高品質なプリントを行えるよう体制を整えている業者が多いです。

オリジナルTシャツ製作は、用途によって素材を選ぶことがポイント!

オリジナルTシャツは個人法人問わず沢山の用途がある分、機能性に関しても全く違うものをもとめられる場合が多いです。
Tシャツの素材はざっくり分けると綿、ポリエステル、そして混合素材が多くなっており、それぞれ全く異なる質感や特徴を持っています。
そのため使用用途によってそれらの素材を使い分けることにより、より快適に機能性を上げることができるのです。

綿

綿はやはりその着心地の良さが何よりもメリットで、吸汗性に優れているので夏場も着やすい素材となっています。また冬場でも冷えにくい素材なので、長そでTシャツも綿の需要が高いです。夏冬問わずオールシーズン着用しやすい素材となっているので最も需要の高いTシャツの素材とも言えます。
また綿のTシャツはやはり形、カラーバリエーション、厚みなども多様なのでより好みのオリジナルTシャツを製作しやすくなっています。プリントとの相性も良い素材です。

ポリエステル

次にポリエステル、これは汗に強く速乾性が高いものなのでスポーツウェアや飲食店制服などビジネスの場で重宝されているものとなっています。
インナーを着用することを前提とした衣類なので、少しごわつく部分はありますが沢山身体を動かす必要がある現場で特に重宝される素材です。

混合素材

混合素材の場合、綿、ポリエステルそれぞれを欲しい着心地に合わせた割合で混合しているものとなりますが、レーヨンを含んだ三つの素材を混合したものもあります。
レーヨンを含むと生地自体が柔らかくなり、また違う着心地となるのです。
最近よく売り出されている保温性、また体感温度が下がるインナーウェアなどにレーヨンが採用されていることが多く、ポリエステルのようにそのまま肌に当たるとごわつく触感を緩和できる、そんな素材となっています。



素材によって多種多様な着心地になるTシャツ、たくさんの種類を取り揃えてオリジナルTシャツ製作をサポートしている業者が増えているのでさまざまなニーズに対応しています。

高発色、高品質のプリントが可能なオリジナルTシャツ!

用途が多いとプリントデザインにも悩むものです。
企業ロゴをいれるだけの場合以外にもイベント用などだと更にデザイン性に優れたプリントが欲しい場合もあります。
勿論自分達でデザインできれば一番なのですが、そういった専門の役職の人がいない、そんな場合どういったデザインにすればいいかなど見当もつきません。
ですがオリジナルTシャツ製作業者ではいままで沢山のプリントを行っています。
その中で一部を加工事例として公開している場合もありますので、そういったものを参考にするとよりデザインがまとまりやすいこともあります。
またTシャツ以外に同時に生産したいアイテムを見つけることもできます。
法人では基本的に自分達でしっかりプリント内容をデザインすることが多いですが、個人だとまずツールがないなどの問題でオリジナルプリントTシャツの製作のハードルが上がる場合があります。
ですがこれにも対応した業者が殆どで、デザインテンプレートをもともと用意、それらを組み合わせてオリジナルTシャツを製作してくれるため誰でも簡単にオリジナルTシャツが作れます。
またツールが揃っている場合や、ほかにもコミケなどに出すグッズのため自分で描いたイラストをTシャツにプリントしたい場合も高発色、高品質のプリント機器で作業しますので、再現率が高いオリジナルTシャツを製作できます。
Tシャツというアイテム自体、どのようなニーズがあるか括れないほどにたくさんの用途があるものとなっています。
オリジナルTシャツプリント店はそれらに柔軟に応えてくれるのでオリジナルTシャツの需要は近年上昇傾向にあります。